下記の利用規約をお読みになった後、『VSC-P2P無償版をダウンロードする』ボタンをクリックしてください。『VSC-P2P』のダウンロードが始まります。
※輸出規制
本製品は日本国内のみご使用が可能です。
詳しくはこちらをご参照ください。



 
使用許諾契約書

重要―以下のライセンス契約書を注意してお読みください。本使用許諾契約書(以下「本契約書」といいます)は、上記に示されたカオスウェアソフトウェア製品(以下「本ソフトウェア製品」といいます)に関してお客様(個人または法人のいずれであるかを問いません)と株式会社カオスウェア(以下「カオスウェア」といいます)との間に締結される法的な契約書です。本ソフトウェア製品にはそれに関連して媒体、印刷物(マニュアルなどの文書)、及び、電子文書を含みます。本ソフトウェア製品には、本ソフトウェア製品の最初のコピーを取得された後で提供されるソフトウェアのアップデート、アドオンコンポーネント、Webサービス、及び追加機能もふくみます(これらについて別途の使用許諾契約書または使用条項が優先します。)本ソフトウェア製品をインストール(インストール不要の製品の場合、コンピュータのハードディスク、又はコンピュータに接続され得る外部記憶装置へのコピーを意味します)、複製、ダウンロード、アクセスまたは使用することによって、お客様は本契約書の条項に拘束されることに同意されたものとします。本契約書の条項に同意されない場合、カオスウェアは、お客様に本ソフトウェア製品のインストール、複製、ダウンロード、アクセスまたは使用のいずれも許諾できません。

ソフトウェア製品ライセンス
本ソフトウェア製品は、著作権法及び著作権に関する条約をはじめ、その他無体財産権に関する法律および条約によって保護されています。本ソフトウェア製品は許諾されるもので、販売されるものではありません。

1. ライセンスの許諾
本条項は、本ソフトウェア製品をインストールおよび使用するお客様の一般的な権利を説明するものです。本条項に記載されている、お客様に許諾された権利は、本契約書のその他のすべての条項および条件に準拠します。

・本ソフトウェア製品のインストールおよび使用に関する一般的なライセンスの許諾
お客様は、本ソフトウェア製品のコピー1部を特定の1台のコンピュータ、ワークステーション、ターミナル またはその他の電子デバイスもしくはアナログデバイス(以下総称して「デバイス」といいます)にインストールして使用することができます。本ソフトウェア製品を使用する方が特定の1人に限られている場合、お客様は、本ソフトウェア製品のコピーをもう1部作成してその方が専用に使用される別の1台の携帯用デバイス上にインストールすることができます。本ソフトウェア製品のライセンスを共有することはできません。
・記憶装置/ネットワークの使用に関する代替ライセンスの許諾 前項で許諾されている権利に代わり、お客様は、本ソフトウェア製品のコピー1部をネットワークサーバーのような1台の記憶装置にインストールして、お客様の組織内のユーザーがプライベートネットワークで他のデバイスから本ソフトウェア製品にアクセスして使用できるようにすることができます。ただし、本ソフトウェア製品がインストールされている記憶装置および本ソフトウェア製品にアクセスして使用しているデバイス各1台につき、専用のライセンスをそれぞれ取得しなければなりません。本ソフトウェア製品の1つのライセンスを異なるデバイス間で同時に使用することはできません。
・権利の帰属   本契約書に明示的に規定されていない権利はすべてカオスウェアによって保留されます。

2. その他の権利と制限
・コピープロテクト
  本ソフトウェア製品では、本ソフトウェア製品の不正コピーを防ぐためにコピープロテクト技術が使用されている場合があり、その場合、デバイス上で本ソフトウェア製品のオリジナルの媒体を保有する必要があります。本ソフトウェア製品の不正コピーを作成することは違法です。また、一定のコピープロテクションの技術を回避する機能を有する装置またはプログラムを使用して、本ソフトウェア製品で使用されているコピープロテクション技術を回避して、本ソフトウェア製品を複製することは、私的目的の複製であっても、著作権法上禁止されており、本ソフトウェア製品がかかる装置またはプログラムを使用して複製されたという事実を知っている場合には、その複製物を複製することも違法となります。
・ Not for Resale
 本ソフトウェア製品は、「Not for Resale」の無償版ソフトウェアであるため、デモンストレーション、テストまたは評価以外の目的に使用できず、本ソフトウェア製品を再販売またはその他のいかなる方法でも譲渡することはできません。
・リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルの制限
 お客様は、本ソフトウェア製品をリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすることはできません。ただし、適用される法律により明示的に許可されている場合はこの限りではありません。
・構成部分の分離
 本ソフトウェア製品は1つの製品として許諾されています。その構成部分を分離して複数のデバイスで使用することはできません。
・商標
 本契約書は、お客様にカオスウェアの商標またはサービスマークに関連した権利を許諾するものではありません。
・レンタル、リースまたは商業的ホスティングの禁止
 お客様は本ソフトウェア製品をレンタル、リースまたは貸与したり、本ソフトウェア製品を使用して、第三者に商業的ホスティングサービスを提供することはできません。
・サポートサービス
 カオスウェアは、本ソフトウェア製品に関するサポートサービス(以下「サポートサービス」といいます)をお客様に提供する場合があります。サポートサービスは、ユーザーマニュアル、「オンライン」ドキュメント、または、カオスウェア提供の印刷物などに記載されているカオスウェアのポリシーおよびプログラムによってご利用になれます。サポートサービスの一部としてお客様に提供された追加のソフトウェアコードは、本ソフトウェア製品の一部とみなされ、本契約書の条件及び条項が適用されます。サポートサービスの一部としてお客様からカオスウェアに提供される技術情報に関して、カオスウェアは、そのような情報を製品サポートおよび開発を含む商業目的に使用することがあります。ただし、カオスウェアはお客様を特定することとなるような方法で技術情報を利用しないものとします。
・ソフトウェアの譲渡
 本条項に規定されている場合を除き、本ソフトウェア製品の最初のユーザーは、本契約および本ソフトウェア製品( 無償版VSC-P2P)の一部を、他のユーザーに直接行う場合に限り、恒久的に譲渡することができます。ただしその場合、本ソフトウェア製品の一切(全ての構成部分、媒体、マニュアルなどの文書、アップグレード、本契約書、およびあてはまる場合にはCertificate of Authenticityを含みます)を譲渡することを条件といたします。委託販売その他の間接的な譲渡をすることはできません。譲受人は、本契約書の条項に同意し、本契約書および本ソフトウェア製品をさらに譲渡しないことに同意しなければなりません。本サブスクリプション製品を譲渡することはできません。
・解除
 お客様が本契約書の条項または条件に違反した場合、カオスウェアは、他の権利を害することなく、本契約に基づくライセンスの許諾を取り消すことができます。そのような場合、お客様は本ソフトウェア製品の複製物およびその構成部分を全て破棄しなければなりません。

3.アップグレード
・標準のソフトウェア製品
 本ソフトウェア製品は、無償版のため、アップグレードはなく、現状のまま提供します。

4.無体財産権
本ソフトウェア製品(本ソフトウェア製品に組み込まれたイメージ、写真、ビデオ、音声、テキスト、「アプレット」を含みますが、それだけに限りません)、付属のマニュアルなどの文書、および本ソフトウェア製品の複製物についての権原および無体財産権は、カオスウェアまたはその供給者が有するものです。本ソフトウェア製品には含まれていないが本ソフトウェア製品を使ってアクセスされるコンテンツについての権限および無体財産権は、各コンテンツ所有者の財産であり、著作権法およびその他の無体財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。本契約書は、そのようなコンテンツの使用権を許諾するものではありません。本ソフトウェア製品のドキュメントが電子的形態のみによるドキュメントを含む場合、お客様はそのような電子的なドキュメントのコピーを1部印刷することができます。お客様は、本ソフトウェア製品付属のマニュアルなどの文書を複製することはできません。

5.バックアップコピー
お客様は、本契約書に従て本ソフトウェア製品のコピーの1部をインストールした後で、本ソフトウェア製品が提供されたオリジナルの媒体を、バックアップまたは保存の目的でのみ保管することができます。また、デバイス上で本ソフトウェア製品を使用するために本ソフトウェア製品のオリジナルの媒体が必要な場合、本ソフトウェア製品をバックアップまたは保存する目的でのみ、本ソフトウェア製品のコピー1部を作成することができます。本契約書に特に規定されている場合を除き、お客様は本ソフトウェア製品または本ソフトウェア製品付属のマニュアルなどの文書の複製物を作成することができません。

6.輸出規制
お客様は、本ソフトウェア製品が日本国で製品化されたものであることを認めるものとします。お客様は、日本の輸出管理規則ならびに日本およびその他の政府機関によるエンドユーザー、エンドユーザーによる使用、および輸出対象国に関する制限を含めた、本ソフトウェア製品に適用されるすべての国内法および国際法を遵守することに同意されたものとします。詳細については、http://www.chaosware.com/exporting/exporting.htmをご参照ください。

7.保証の限定
お客様に適用される明示的品質保証規定はありません。ドキュメントまたはパッケージに記載されるその他の明示的保証(該当する場合)は一切いたしません。本ソフトウェア製品に関して、本明示的品質保証規定に規定されていないその他の保証を一切いたしません。本保証規定を除き、かつ法律上許容される最大限において、カオスウェアおよびその供給者は、本ソフトウェア製品およびサポートサービスを現状有姿かつ瑕疵を問わない条件で提供しています。そのため、本ソフトウェア製品またはサポートサービスの提供もしくは提供不能に関して、本保証規定に規定されていない保証(商品性、特定の目的に対する適合性、応答の的確性、使用結果、職人的努力、ウィルスの不存在、セキュリティシステムとしての安全性、データ漏洩の不存在、および過失の不存在についての黙示の保証、義務または条件を含むがこれらに限定されない)を、明示、黙示、若しくは法律上のものであるとを問わず一切いたしません。本ソフトウェア製品に関する権原、平穏享有、平穏占有、表示との一致または権利侵害の不存在についての保証または条件についても同様です。

8.侵害に関する免責
法律上の請求の原因の種類を問わず、カオスウェアおよびその供給者は、法律上許容される最大限において、本ソフトウェア製品の使用もしくは使用不能、サポートサービスの提供もしくは提供不能またはその他本契約書に関して生じる特別損害、付随的損害、間接損害、派生的損害、またはその他の一切の損害(逸失利益、機密情報もしくはその他の情報の喪失、事業の中断、人身傷害、プライバシーの喪失、誠実義務または合理的な注意義務を含めた義務の不履行、過失、またはその他の金銭的損失を含みますがこれらに限定されません)に関しては、カオスウェアまたはその供給者の過誤、不法行為(過失を含む)、無過失責任、契約違反または保証違反の場合であっても、一切責任を負いません。たとえ、カオスウェアまたはその供給者がこのような損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。

9.責任及び救済手段の制限
いかなる理由において生じる損害(上記の損害および直接損害または通常損害を含みますがこれらに限定されません)にも関わらず、本契約書に基くカオスウェアおよびその供給者の責任(本保証規定違反に関してカオスウェアによって選択された修理または交換による対応を除きます)は、0円であることを条件とします。たとえいかなる救済手段もその実質的目的を達せない場合でも、上記の責任制限および免責条項(本契約書第7条および8条、および保証規定を含む)が法律上最大限認められる限度で適用されます。

10.完全な合意
本契約書(本ソフトウェア製品に含まれる本契約書の追加および修正を含む)は、本ソフトウェア製品およびサポートサービス(該当する場合)に関してお客様とカオスウェアの間の完全な合意を構成し、本ソフトウェア製品または本契約書で扱われているその他の主題に関するすべての以前および同時の口頭または書面による意思表示、提案、及び表明を無効にします。カオスウェアのポリシーまたはサポートサービスに関する条項が本契約書の条項と異なる場合は、本契約書の条項が適用されます。


本契約は、日本国法に準拠するものとします。
本契約書に関して不明な点がこざいましたら、カオスウェアに書面にてご連絡いただくよう御願い申しあげます。
                              〒184-8795 東京都小金井市貫井北町4−2−1
                                    株式会社カオスウェア 法務部

※(スクロールバーが一番下まで行かないと[VSC-P2P無償版をダウンロードする]ボタンを押すことはできません)